漢方Q&A - 対応疾病④整形外科系にも対応する薬はありますか?

整形外科系にも対応する薬はあります。
たとえば、ぎっくり腰や捻挫など急な障害に即効性を発揮する場合があります。

一方で、数十年もかかって悪化してきた長年の酷使や加齢現象の結果による腰痛・膝疾患や
脊柱管狭窄症をすぐに治せるとは思いませんが、しばらく内服していて改善がみられ
杖が不要になったとか、行動範囲が広まったと喜ばれる方もいらっしゃいます。

また、最近の研究で、腰痛疾患の多くにストレスの関与が想定されることが判明し、
漢方が有効である根拠やこれからの応用範囲に期待が持てるでしょう。

回答)松田 弘之


ページ上部へ戻る