鹿児島県部会学術講演会「コロナ禍で変わった医療:その現状と東洋医学的対応」

🎯お薦めセミナーのご紹介/
2月20日に日本東洋医学会九州支部で鹿児島県部会学術講演会をウェブ開催いたします。

日時:2022年2月20日(日)9:00~13:30

会場:Web開催(Zoom ウェビナーによるオンライン配信)

登録期間 :2022年1月1日から2022年1月31日の期間に参加登録と支払いを完了下さい。

参加費:3,000円(学生無料)

主催:日本東洋医学会九州支部 鹿児島県部会

内容:
🔸メインテーマ「コロナ禍で変わった医療:その現状と東洋医学的対応」
地方の医療機関の各診療科にコロナ禍が与えた影響を検証して、第六波以降に備えた東洋医学的議論を展開したいと思います。

1.一般演題(公募):症例報告(口演7分、質疑応答3分)3題程度

2.教育講演:「漢方で感染症からカラダを守る」
演者:修琴堂大塚医院院長  渡辺賢治先生

書籍『漢方で感染症からカラダを守る』の内容を基に講演されます。

3.テーマ別研究会:診療科ごとのコロナ禍での医療の特徴とその東洋医学的対応について



▼お申込みについて
以下のボタンをクリックして、流れを確認してください。
お申込みの流れ

※ボタンをクリック後に、鹿児島県部会のホームページにとびます。

漢方をもっと学びたい先生や学生方は、ぜひ参加をご検討ください。
(※上記情報については、鹿児島県部会会長で当会専務理事より、承認を得て引用させていただいております。)


ページ上部へ戻る