第33回漢方家庭医講習会(広島・延期)

2020年2月29日(土)17時半より広島で初となる漢方家庭医講習会をを開催予定でしたが、
新型コロナウィルス感染症の拡大防止に向け、延期となりましたことを報告いたします。

以下のご案内をさせていただきましたが、何卒ご了承いただけますと幸いです。

◆テーマ:「家庭医にとっての漢方の役割
第23回漢方家庭医講習会(福岡)と内容が重複する部分がございます

◆概要:同じ人間と言っても私達の体質は様々であり、
西洋薬に対して何らかの有害事象が起こり、
副作用が出て服用出来ない場合を少なからず経験させられます。

そんな場合に、漢方薬は優れた効果を発揮する事があります。

特に、様々な年代の色々な領域の病気に対応する家庭医にとって、
漢方を学ぶ事は、治療の選択肢が広がり、大変メリットがあります。
今回は、このような面にスポットを当ててお話させていただきます。

◆タイムスケジュール
17:30~17:45 司会および座長挨拶
(井口 敬一 先生 いぐちクリニック院長)

17:45~19:15 特別講演:織部 和宏先生
(織部内科クリニック院長・大分大学医学部臨床教授)
テーマ:「家庭医にとっての漢方の役割」

◆開催場所:福山大学(福山市学園町1番地三蔵)
松永駅(JR山陽本線)から  北口徒歩3分スクールバス(無料)乗り場より約10分など。

◆日医参加証 カリキュラムコード 計1.5単位
19身体機能の低下、73慢性疾患・複合疾患の管理
83相補・代替医療(漢方医療を含む)各0.5点
※生涯教育の単位取得には「医籍登録番号」が必要です。
受付時に忘れず、ご記入を宜しくお願いいたします。

◆共催:日本臨床漢方医会、株式会社ツムラ
 後援予定:広島県医師会、福山市医師会

◆参加費:無料

■講習会案内(仮)
※以下の画像(案内/地図)をクリックしてご確認ください。


ページ上部へ戻る