2018年の講演会(演者:織部和宏先生)

2018年6月9日(土)16時より、日本東洋医学会学術総会内の大阪国際会議場
10F 第7会場(10F 会議室1006+1007)で、第21回講演会を開催いたしました。

多数の皆様にご参加を頂き、盛会のうちに終了することができました。
ご参加くださいました皆様、ご協力頂きました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

講演会のテーマは「日々の臨床における傷寒論医学の応用」

ベテラン漢方医 織部 和宏先生(織部内科クリニック院長)
傷寒論医学の具体的活用を日々の症例を通して紹介してくださいました。

また、講演会の前に「漢方薬の保険外しに関する現状と
保険請求等の注意点(審査委員の立場から)」について
川越 宏文先生(ちぐさ東洋クリニック院長)からご説明いただきました。

講演会は、開催後に会員特典として、動画とスライドが見られるよう、
動画集ページに掲載予定です。
また、秋に発刊する会員向け会報誌にも、講演内容を掲載いたします。
 
講演会案内

まだ会員でない方で、動画やスライド閲覧希望の方は、
入会案内をご覧の上、ご検討ください。
 
※来年講演会の詳細については確定次第、お知らせいたします。
 


ページ上部へ戻る