講演会情報

第70回日本東洋医学会学術総会の開催( 6/28(金)~6/30(日))に合わせ、
2019年6月29日(土)に東京(新宿)の京王プラザホテルで、
15時半より講演会を、16時半より定期総会の開催を行う予定です。

講演会のテーマは「瀉剤自在(しゃざいじざい)」
演者は昨年と同様、副理事長・織部和宏先生(織部内科クリニック院長)で、
承気湯類や白虎加人参湯等、陽明病に主として使用される方剤を症例を中心に講演いたします。
また、呉又可の『温疫論』についても触れる予定です。

総会については、会員の皆さまへ2019年5月に詳細を連絡いたします。

▼以下は、昨年の様子です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年6月9日(土)16時より日本東洋医学会学術総会内の大阪国際会議場10階
第7会場(会議室1006+1007)で、第21回講演会を開催いたしました。

テーマは「日々の臨床における傷寒論医学の応用」

ベテラン漢方医 織部 和宏先生(織部内科クリニック院長)
傷寒論医学の具体的活用を日々の症例を通してご紹介されました。

なお、講演会の前に「漢方薬の保険外しに関する現状と
保険請求等の注意点(審査委員の立場から)」について
川越 宏文先生(ちぐさ東洋クリニック院長)より説明をいただきました。

2018年の講演会は開催後に会員特典として動画とスライドが見られるよう、
動画集ページに掲載しております。
また、11月末発刊の会員向け会報誌にも、講演内容を掲載致します。ぜひご覧ください。

※講演の詳しい内容は、以下をクリックして参照ください!



ページ上部へ戻る