漢方Q&A - 漢方薬について④西洋薬との違いは?

西洋薬(新薬)は、人工的に化学合成された物質がほとんどで、
その多くは一つの成分で構成されており、一つの疾患や一つの症状に強い薬利作用をしめます。

それに対して漢方薬は、天然の生薬を使用し、一つの薬方(処方)は原則として
二種類以上の生薬で構成されていますから、多くの成分を含んでいます。

そのため、一つの薬方で色々な症状にも対応することができるのです。

また、漢方治療が向く病気は、病院において検査や画像診断をしても異常がないのに、
自覚症状があるというような病気です。
原因の特定できない慢性の病気、体質がからんだ病気には漢方が向くことが多いのです。

しかし、病気の原因が特定でき、原因別の治療が可能な場合や手術が必要な場合、
救急な疾患、重症の感染症などには一般的に西洋医学の方が優れています。


ページ上部へ戻る