漢方薬はなぜ食前又は食間に服用するのですか?

食事を基準に薬を服用する方法は、食事に合わせて服用することで飲み忘れることがないことから一般に行われてきました。漢方薬の食前または食間服用は、胃の中が空になっているほうが、薬効成分をよく吸収すると考えられたからです。しかし、食前または食間に飲むと胃が悪くなって困るという方や飲み忘れた場合は、食後に服用しても差し支えありません。ただし、服用後は1、2時間食事をとらない方がよいでしょう。(旧HP)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。