第17回 漢方家庭医講習会(‘18.9.30)

2018年9月30日(日)午後に新宿で医師向けに実践に則した漢方講習会を開催いたしました。

テーマ:頭痛治療における漢方薬の有効性
開催日:2018年9月30日(日)14:10(開場13:30)~16:00
場 所:NSスカイカンファレンスルーム3・4 
(東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル30階)
演 者:來村 昌紀先生(らいむらクリニック院長、千葉大学臨床教授)
参加費:無 料

■概要
日本臨床漢方医会では、漢方を初歩から学びたい先生に必要な知識を得ていただき
安全かつ有効に治療いただけるよう、漢方家庭医講習会を開催しております。
漢方エキスパートの來村昌紀先生が初心者の方にも分かり易く解説いたします。

■來村昌紀先生のご略歴
1997年 和歌山県立医科大学卒業
1999年 日本赤十字和歌山医療センター
2003年 独立行政法人南和歌山医療センター
和歌山県立医科大学脳神経外科 助教
2007年 千葉大学和漢診療科医員
2009年 あきば伝統医学クリニック
千葉大学大学院先端和漢診療学講座
千葉中央メディカルセンター脳神経外科 頭痛外来担当
2014年 らいむらクリニック 開業
医薬学博士、日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、国立病院機構認定臨床研修指導医 
日本頭痛学会頭痛専門医・指導医、国際頭痛学会認定 Headache Master
日本東洋医学会漢方専門医、千葉大学臨床教授

■來村先生からのメッセージ
脳神経外科医として頭痛外来でガイドラインに沿った治療を行っていた際、
治療が難しい患者さんも多かったのが、漢方を始めたきっかけです。

独学後、寺澤捷年先生が教授であった千葉大学先端和漢診療学講座で、
漢方の基礎を一から教えていただき、使い方がよく理解できました。
そのエッセンスを実際の症例も紹介しながらお伝えできればと思います。

■講習会詳細
以下の画像(案内/地図)をクリックしてご確認ください。


 
 


ページ上部へ戻る